ナナフラ攻略の振り返り

セブンフラッグス、通称ナナフラの運営記録です。このブログが少しでも初心者の方の参考になれば幸いです。

双星 カイネ&李牧の技能が優秀すぎる!

【お知らせ】守城戦のコツをまとめた記事を一部更新しました。ランキング戦、頑張りましょう!


スポンサーリンク

 

双星武将 カイネ&李牧

 

とうとうやってきました双星武将。今回はカイネ&李牧です。まず、全体的なステータスや技能を見て思ったのが、双星の中でも活躍の場が多い武将だということ。今までの双星武将は特定のステージや条件で本領発揮するようなケースが多かったのですが、今回のカイネ&李牧は初心者の人が引いても長く活躍しそうな武将です。早速チェックしていきます。

 

 

基本ステータスがバランス良く、全体的に高い

カイネ&李牧 将章有り

 

将章はひし形が3つ。うち2つは金となっています。僕がつけている将章は最大まで強化していないのですが、攻撃速度が167まで上昇。移動速度も320に。移動速度をHPに振ってやれば、そこそこあるHPを約20,000も上げることができます。移動速度をとるかHPをとるか、調整ができるのはいいですね。ちなみに将章無しのステータスはこちら。

 

↑将章無し

↓将章有り

 

さて、先程も触れたように攻撃速度がめちゃくちゃ早いのが特徴ですが、HPもそこそこ高くて防御力も高いのが特徴です。将章をHPに降れば、耐久性も高くなりますね。

 

攻撃力が低いので必殺技のダメージは期待できませんが、対象依存の攻撃速度アップのおかげでそんなことは気にならないぐらいDPSが大きく跳ね上がります。これはまた後で解説します。

 

全て優秀すぎる技能

続いて技能なんですが、これが優秀すぎて驚きました。

 

カイネ&李牧の技能

 

必殺技は攻撃力アップ 

f:id:photographerti:20210116000944j:plain

 

敵単体にダメージを与え、自身に約380の攻撃力アップ(固定値)、オーバーチャージなら自軍[趙国]に約850の攻撃力アップ(固定値)なっています(効果はどちらも10秒)。380固定値アップはDPSを1.3倍。オーバーチャージなら、約1.7倍です。固定値の数字だけ見れば大したことないのですが、元々の攻撃力が低いので倍率で考えると十分なバフです。

 

回避が優秀な個人技能

攻撃回避は体感で約7割回避してくれます。条件は自軍4人以上となっているので、ステージ特別などで人数制限がある場合は難しいですが、それ以外では問題ないかと思います。とくに、ストーリー難で躓く場合は大きな戦力になりますし、周年や記念クエストで攻略する時も大きな戦力になります。

 

実質DPSを約1.2倍上げる共闘技能

共闘技能は会心率アップ特大となっていますが、体感で70%ぐらいまで上がります。会心時は約1.3〜2倍ぐらいのダメージ、時にはそれ以上になるので(バラツキが多いので正確に検証できず)、実質約1.2〜1.5倍DPSが上がると考えれば大きなメリットです。

 

攻撃速度が数十倍になる大将技能 

大将技能は対象依存の攻撃速度アップとなっています。ナナフラの中では対象依存という言葉が出てきますが、これは将章を含めた元攻撃速度が早ければ早いほど攻撃速度が上がるという代物です。カイネ&李牧は元攻撃速度が167なので、簡単に攻撃速度が数十倍に上がります。

 

対象依存による攻撃速度カンスト

 

例えばこちらの画像。今回登場したカイネ&李牧に副管の李牧をつけて、援・河了貂の必殺技([対象依存]攻撃速度アップ)を打つと、それだけでDPSは約140,000まで上がります。凡そ9倍です(上の数字が必殺技を打つ前、下の数字が必殺技を打った後)

 

河了貂の支援技能と個人技能のバフを計算しない場合、カイネ&李牧のDPSは約12,000。カイネ&李牧の大将技能と、副官李牧の[対象依存]攻撃速度アップだけで約4.2倍。河了貂の必殺技で9倍なので。この3人の武将・副官だけで37.8倍の攻撃速度アップになります。

 

今までは、鬼神・録嗚未の大将技能と共闘技能、星7龐煖の大将技能と共闘技能で同じようにDPSが跳ね上がりましたが、今回の組み合わせだと河了貂の必殺技を打つだけで跳ね上がります。攻撃速度が跳ね上がっても攻撃力が低いとDPS通りのダメージにはならないケースもありますが、対武将の戦の場合は十分すぎるDPSです。

 

ナナフラを始めて序盤でこの2人が揃うとストーリーも攻略しやすいですし、大きな戦力になります。最近はじめた方は是非今のリミテッドガシャをコンプリートできたら理想ですね。幸い、開催期間が通常の2倍となっているので、じっくり狙ってみてください。

 

ちなみに、対象依存に関しては、下記のページで詳しく解説されているので、是非ご覧になってみてください。武将のデータベースは圧巻でいつも参考にさせて頂いています。

 

[対象依存]攻撃速度↑でインフレを起こすための構成要素とカンストの目安を解説 | ナナフラ(セブンフラッグス)最新攻略

 

副官李牧込みだが一人で6.5〜8倍のバフを出せる上に回避もできる

副官 李牧

 

カイネ&李牧の技能を解説しましたが、副官の李牧とセットで使えるなら技能全体で6.5〜8倍ほどDPSを上げることができます。一人でここまでDPSを上げられる武将は稀で、しかも回避までできます。防御が高くHPもそこそこ高くて、さらにHPも上げられる。

 

今はランキング戦で活躍しますが、ランキング戦が終わってからも戦力になるのは間違いないです。

 

f:id:photographerti:20210115222437j:plain

 

今登場しているカイネ&李牧と、副官の李牧、援・河了貂は、できればこのタイミングで全て揃えておきたいですね。最悪、河了貂と副官の李牧は任命印で引いたり、運が良ければたまたま引ける可能性がありますが、双星武将であるカイネ&李牧は今しか引けません

 

星7の再ピックアップはあっても、双星のピックアップは今のところ過去に例がなく、今を逃すといつ手に入るか分かりません。個人的には、今までの双星の中でも1番魅力的な武将かと思いますよ。

 

欠点を挙げるなら

会心率の低さ

f:id:photographerti:20210115224016j:plain

 

良いところばかり紹介してきましたが、欠点を挙げるなら会心率が技能なしだと5%と低いこと。大将で使えば共闘技能で70%ぐらいに上がりますが、大将以外で使うとほぼ会心ダメージは無くなるので、他の武将をアタッカーにする場合は編成から外す方がいいケースもあるかと思います。

 

得意地形が城ではない 

あとは、得意地形が城ではないこととです。騎馬は城と森が苦手で、移動速度が落ちます。城での戦いは移動速度の高さが活かせなくなりますね。その他の武将でさらに移動速度を上げるなど、工夫が必要です。また、得意天候が雨なので、得意な天候で戦う機会が少ないのも残念。

  

原作でも強い武将は騎馬でも城が得意になっているケースがありますが、城が得意ではなかったのは仕方ないですね。しかし、それを差し引いても技能が優秀すぎるので、双星の中では1番お気に入りの武将です。

 

攻撃範囲の狭さ

f:id:photographerti:20210115224016j:plain

攻撃範囲は、通常の剣武将は45なのに対して76と少し広いです。それでも剣武将なのである程度近づかないといけません。新生流道や周回などで、一戦一戦を短くしたい場合はあまり向いてはいませんね。

 

双星なので限界突破が大変

あとは、双星武将なので限界突破するのに龍煌の天破石が700個いることです。序盤でこの数はハードルが高いかもしれませんが、ガシャで引くことさえできれば後はゆっくり育てるのも有りですね。

 

f:id:photographerti:20210116081937j:plain